直葬とはどういうお葬式なのか

直葬というのは、通夜式、告別式などの儀式を行わず火葬だけ行います。参列者は身内、また故人が生前に親しくしてきた人のみです。こうしたお葬式のスタイルを選択される理由として最も多いのが経済的な理由といわれています。一般葬は通常200万以上かかることが多く、今多くなっている家族葬でも120万くらいの費用がかかるケースもあります。

金銭的に余裕がないというご家族、また無宗教で宗教的儀礼は必要ないと思っているご家族が直葬を選択されるようです。これとは別に遠い親類が孤独死されたなど、ご遺体の行き処がなく連絡が来ることがあり、その際、お葬式など行わず直葬で荼毘に付し、無縁仏としてお寺さんに供養していただくなどのケースも多くなっています。

隣近所の方とのお付き合いがなく、親類縁者に関してもほとんどが高齢でお葬式に参列される方が少ないといった理由から直送を選択されることもあるようです。高齢になって退職されてから年数が経過すると同僚の方とのお付き合いも少なくなり、お亡くなりになった方も多いでしょう。参列される方の人数がほとんどいないという場合、お葬式の儀式を行わず、直接火葬するというスタイルを選択する事も多いのです。

火葬のみ行うというと寂しいイメージがありますが、直葬では通夜式、告別式の準備などを行うこともなく、故人とのお別れを心置きなく済ませることができるともいえます。高齢の方が多いとなれば、お葬式も体にこたえるため、火葬のみのという形も一つのスタイルとして考えてもいいのではないでしょうか。シンプルで短時間のお葬式となるため、儀式などを気にされないご遺族の利用も多いのです。