直葬のお葬式の流れ

お葬式を直葬で執り行う場合でも、お亡くなりになってから24時間はご遺体を火葬することはできません。病院で長く安置してもらうことはできないため、葬儀社に連絡し自宅にご遺体を搬送してもらう必要があります。葬儀社に直葬でお葬式をしたいと伝え、日程、費用、参列するメンバーなどを決めていきます。通常死亡届は葬儀社の方が取りに行き、その際、火葬許可証をもらってきてくれるはずです。

ご遺族は故人がお亡くなりになった日から7日以内に死亡届を提出する必要があります。この時にもらうことになる火葬許可証には火葬場の場所を記入する箇所があるので火葬場を決めておくことも必要です。

火葬する当日は故人に最後のお別れを告げて納棺、その後火葬場へ移動です。一般的なお葬式では納棺してから通夜式、告別式を行いますが、直葬の場合、納棺してすぐに出棺となります。葬儀社に依頼し、会食するスタイルで行う場合、火葬の間、お葬式に参列してくれた方々と食事する事もできるようです。

直葬する場合、供養について気になります。直葬の場合は、お葬式の際に行うことが多くなっている初七日の法要は行いません。直葬でも初七日の法要を行いたいと希望される場合には、お寺さんに法要をお願いする事もできるようです。ご自宅で法要していただくか、お寺にご位牌、ご遺骨をもっていき、法要してもらう等考える必要があります。法要していただく場合、お寺にお経を読んでいただくお布施を用意する必要がありますし、ご自宅に来ていただく場合には、お車代も必要です。