密葬とはどういうお葬式なのか

密葬は通夜式、告別式、火葬などをごく身近な人のみで行うお葬式です。家族葬と同じなのかと思う方も少なくありませんが、お葬式を行うこと、逝去についても周囲に知らせることなく行うお葬式となるため、家族葬とはまた違うお葬式です。

密葬は例えば参列される方が忙しい時期で、お葬式に参列するのが難しいという場合に選択されることがあります。参列していただく方の予定を考えたとき、スケジュールが合わずご遺体の安置が難しくなることもあるのです。最近はエンバーミングと呼ばれるご遺体を長く保全する方法もありますが、費用もかかります。そのため親族のみで密葬し、その後、告別式など本葬を行うということもあるようです。

芸能界の方などもご遺族のご意向で密葬となったと報道されることがありますが、この場合、お葬式に沢山の人数が集まりすぎるため、密葬によってご家族のみでお葬式を先に済ませ、後にお別れ会などを開くという形にしていることが多いといいます。ごく親しい人が参列するお葬式となるため、周囲に気を遣うこともありません。

長く療養されご自宅に帰宅する事がかなわなかった故人を最後の時間くらいじっくり過ごさせてあげたいと、ご遺族が自宅で行うことを考える事もあります。その場合も、密葬なら周囲の方に迷惑をかけることなくゆっくりと故人とのお別れができるお葬式になるのです。また密葬は、何かの事情がありひっそりとお葬式を済ませたいと思う時にも選択されます。不慮の事故などでお亡くなりになったなどの場合、密葬になることが多いです。