密葬のお葬式の流れ

通夜式、告別式をごく親しい人だけで行う密葬の流れについても知っておきましょう。故人となる方がお亡くなりになったら葬儀社に連絡しご遺体を搬送します。搬送してから葬儀社と日程などの打ち合わせです。密葬の場合、あらかじめ参列する人数が決まっているため、お料理の数など決めやすくなります。

密葬の日程等が具体的になったら死亡届を役場に提出、受理されると火葬許可証がもらえます。日程を決める前に、お寺に連絡し僧侶の都合を聞くことも忘れないようにしましょう。参列される方々にお葬式の日程を連絡します。密葬に決めている場合、前もって参列していただく方を決めておくようにしましょう。密葬は参列される方が限られているということ以外、通常のお葬式と流れについては変わりありません。納棺から通夜式、告別式、出棺、火葬という流れになります。

ご家族が自死されてしまった場合にも、密葬が選択されることが多いのですが、この場合、あまりにも突然の死となるため、ご遺族の驚きは計り知れません。お葬式について考える事もつらい状況ですし、死を受け入れるまでに時間もかかります。密葬は限られた人以外、逝去したことを知らせる事もなく、少ない人数で行うお葬式です。通常のお葬式よりも時間的に余裕があり、死を受け入れがたいご遺族の気持ちに添ったお葬式となるのです。

密葬を選ぶことで故人とのお別れの時間をより多く持つことが可能です。逝去されたことを広く知らせたくないという場合にも、密葬が選ばれていますが、ご遺族にとって密葬は心の整理を少しでもつける時間的余裕を与えてくれるお葬式ともいえるのです。